ブクマに書ききれなかった

 

何ができたかというと、哲学や倫理学、あるいは宗教ならば何かできたかも知れない。だけどそれはきっと本人までリーチしないし、本気で同様の犯罪を止めるのであれば、ビッグデータとAIによって犯罪可能性の段階で監視、拘束が可能な社会にするしかないのかも知れない。マイノリティリポートや華氏451度、最近ではサイコパスが提示するような、表向き実現されるユートピアにして、人間の自由を(本人の意識しないレベルで)制限する社会に

社会復帰2週間

通勤のある仕事になって2週間が過ぎた

  • 意外と仕事はちょろい というか、ちょろいと思っているくらいでちょうどいい。アラフォーになって、20代のような全力仕事はできない
  • 仕事を整理しないでgdgdやってる中小企業なので、ここに来て2週間で日本の労働生産性が上がらない理由がよくわかった。上げるという発想自体がないんだ
  • 体重は何故か増加 ご飯ちゃんと食べてるからか?
  • 時間は結構ない。家にかえってきたらもう22時とかなので、それから犬を散歩させたら11時、風呂はいったら12時。072する暇も...
  • 通勤は結構大変。スーツがチョットキツイし、動けないほどひどくはないけど満員電車は結構なストレス
  • 自律神経は治ったっぽい。まだ緊張していて、身体が過適応してるだけかもしれないけど
  • ニコニコホラー百物語が救い これが終わるまでは在宅で粘ってたらよかったかなとも思ってしまう

 

ところでPCデポ

headlines.yahoo.co.jp

anond.hatelabo.jp

老人が金を持っていて、若者がいかにして彼らのお金を出させて経済を回すか?というのが現在の日本経済の基本だと思っている。

今の仕事は(入って知ったのだが)通信販売のコールセンターで、いまどき電話で通販の受注を受けるというと、高齢者向けの健康食品やらサプリメントやら、ということになる。青汁、グルコサミン、黒にんにく、高齢者向けの化粧品などなど... 

そんな仕事をしている視点からみると、PCデポのやり方についても「ひどい」一辺倒には見えない。まあ20万という解約金の根拠は今後明らかになるとしても、今の日本経済の中心消費者は明らかに高齢者層であって、そこにターゲットしたマーケティングというか商品展開をしていくのは、そんなに間違ったことには思えない。

PCデポ擁護な記事を読んだらそれなりに納得できる部分もあり、「老人の無知につけこんだ悪質な商法」と煽る気にはなれないものがある。現場には過酷なノルマが課せられていて、それを達成するために多少の無茶な契約をさせるような状況はどこにでもあるのだとも思う(その意味では、若者が老人から金を引き出しているのではなくて、若者もまた被害者ということになるかもしれない)

 

通販の仕組み

テレビ通販も健康食品も縁がなくて知らなかったのだけど、テレビで健康食品やらをみて電話すると、必ず定期コース加入を勧められる。

これは「アップセル」と呼ばれ、どうやら通販業界では当然のように行われている手法のようだ。

お試し価格500円。とかに惹かれて電話すると「このお電話を頂いたお客様限定で」などというセリフで毎月商品が送られてくる定期コース加入を勧められる。

健康食品なんて毎日飲み続けてなんぼだし、単品より安い設定になっているのでお得に見える。電話オペレータのセールストークで、つい定期コースに入ってしまうという寸法だ(商材にもよるけど50%~60%くらい)もちろん、定期コースが基本で定価が設定されているので、売る側は損はしていないんだけどね。

非正規雇用の若者が、こういった電話オペレーターや家電量販店で無知な老人を長期契約に引き込み、高額契約させる。悪質と炎上したPCデポの店員だって、殆どはバイトや契約社員だ。現代日本の問題点の、象徴的な構図が見えただけと思えてならない

ゴジラってね

今週のお題「映画の夏」

 

好きなんですよ、ゴジラ

シリアス系でも、プロレスやっててもね、まあ好きなわけです。個人的に好きだったのはゴジラvsビオランテですし、その他のゴジラが駄作だとかつまらないとかも思わないんです。ゴジラが出てれば取り敢えず満足です(エメリッヒ版はゴジラの名を借りたトカゲなので別枠)。

 

今夏公開されているゴジラは完全にシリアスに振ってるわけで、これはゴジラがリブートするときの基本路線でもあり、3・11以降の怪獣=天災ものとして、この路線しかなかったのだろうということは想像できます

 

内容はさておき、はてなをはじめ、観た人も観てない人もゴジラについて語らずにはいられないようです。そんな映画って、失敗だの成功だの議論しても、やっぱり成功なんだと思うんです。インディペンデンス・デイも面白かったけど、あれについて熱く語る人も聴く人も、これほどは多くないでしょう。

エンターテインメントでありながら、様々な人の批評心を刺激するというあたり、庵野マジックというか、人徳なんでしょうかね

 

 

週末Jog

  • 7.6km
    距離
  • 49:51
    移動タイム
  • 6:30/km
    ペース

 

日中は暑くて外出に危険を感じるレベルですね

夕方、少し風が出てきたことを見計らって、軽く走ってみました

 

今日は手賀沼の花火大会があったので、サイクリングロードは場所取りのシートが広がっており、走りやすいとはいえない状況でした

まあ歩く理由付けになったので構わないのですが、わずか1時間ちょっとの花火のために何時間も前から場所取りって大変ですね

 

花火は普通に見えました。一人だと、15分ぐらいで飽きますね

今日のちょっとしたジョギング

  • 3.3km
    距離
  • 23:21
    移動タイム
  • 6:55/km

 

明日からASICSのアプリにしたがってトレーニングを開始するので、

きょうはちょっとばかりジョギング

新しい月、新しい仕事

かっこ良くどこかのCTOになりました!とかならいいんですが、

ヒラ→ヒラのヒラヒラ転職です。

 

今日が初日

昨日まで扁桃腺が腫れて39度の熱が出ていたので大丈夫かと思ったのですが、社畜サラリーマンの身体というのはよくしたもので、仕事の日になると自動的に通勤時間前に目がさめて、準備をするもんなんですね

 

3年ほど在宅勤務だったので、4年ぶりにスーツ&満員電車。時間帯がよかったのか、思ったほど満員でもなく...とおもったら今は学生が夏休みだから少ないんですね。この時期に電車慣れできるのはありがたいかも

 

新入社員は私以外にもいましたが、別部署なので挨拶もなく。辞令を交付(社会人人生初!)され、早速仕事のレクチャーを受けます

...仕事自体はさほど難しくなさそう。前職の極限までシステム化された艦橋から比べると、日本の生産性の低さというのはこういうことです。という見本のような仕事に見えます。しっかりまとめたら1時間で終わりそうな話で8時間でした。まあ、休みボケのひどい頭にはこれくらいでもちょっときついくらい。夕方4時頃にやっとエンジンが掛かって、6時で終了。

 

仕事はたくさんある(中小企業に入るときにここが大事と思った)ようですが、業務の効率化はまだまだこれからという印象。レクチャーしてくれた課長も半年前に入社されたとかでしたし

業務委託などでないためにgdgdになっている部分もあるようなので、ぼちぼち仕事を覚えていきたいと思います

 

シン・ゴジラ ~アフター3.11のゴジラ映画の回答にして、国産ゴジラの終焉~

珍しく、公開初日に観に行ってみました

初日とはいえ、最終回ということも有り8割の入りのようでした

 

shin-godzilla.jp

 

ゴジラが表現してきたものは、その出自からして日本に襲来する災害であり、核の脅威の具現化であった。我々は冷戦の最中、現実世界にそこはかと漂う不安感を吸い込みながら、フィクションとしての災害=ゴジラを見ていたことになる

ところが、3.11でその災害・脅威が現実のものとなった。その現実は、時に想像を超える。そのことをまさに体感した事態のあとに、ゴジラはいかなる形で姿を表すのか

 

ひとつの答えは、先にアメリカでもたらされた。ギャレス・エドワーズによるハリウッド版ゴジラである

そして、ゴジラを生み出した国、日本からの答えが公開された「シン・ゴジラ」である

以下、できるだけネタバレしない範囲での感想

面白いよ、と書こうとしたら、貶してしまっています。ナニも考えずに見ていてすっきりする映画娯楽大作、ってわけでもないし、エヴァンゲリオン的な登場人物の内面を執拗に問い詰める映画でもない。ただゴジラが出て、街を破壊して。。。 うーむ、よく考えると

続きを読む